特集奈良の鹿ニュース

政治

予算案に関連費計上 建設へ測量や地質調査 - 奈良市クリーンセンター建設

関連ワード:

「七条地区」決意示す

 

 奈良市の仲川元庸市長は21日、老朽化が深刻な市環境清美工場(同市左京5丁目)に代わる新たなごみ処理施設「クリーンセンター」建設に向け、地質調査などの基礎的な業務に必要な1億8534万円を新年度予算案に計上すると発表した。市が大和郡山市など近隣の4市町との「広域化」がとん挫した後も、候補地変更はないとする「七条地区」での事業実施の「決意」を示したといえる。

この記事の残り文字数:939文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド