特集奈良の鹿ニュース

歴史文化

ミュージカル「二月堂良弁杉」 29年の歴史がフィナーレへ 2月18日から奈良で計4公演 本番さながらの「通し稽古」にねぎらいの声

関連ワード:

最終公演に向け通し稽古が行われた「二月堂良弁杉」=17日、奈良市鳴川町の市音声館

別の写真を見る

 東大寺の初代別当(住職)・良弁僧正にまつわる伝承をもとに、母と子の情愛を描いた市民創作ミュージカル「二月堂良弁杉」が、29年の活動に幕を下ろす。最終公演は、きょう18日から奈良市音声館(同市鳴川町)で始まり、フィナーレとなる24日の第120回まで計4公演を実施。チケットは販売開始からわずか30分で完売する人気ぶりを見せた。17日には関係者を招いて「通し稽古」が行われ、本番さながら熱気ある舞台に、観客からはねぎらいと惜しみない賛辞が送られた。

この記事の残り文字数:817文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド