スポーツ

Bブロックは生駒東少ライオンズがトップを維持 4会場で熱戦展開 - 第19回奈良県卒部少年軟式野球大会

関連ワード:

【Bブロック・生駒東少ライオンズ―いいね!真美ケ丘】生駒東少は2回、1死二、三塁から大鹿のスクイズバントで本塁に滑り込む三塁走者の山本=三宅健民運動場

別の写真を見る

 第19回奈良県卒部少年軟式野球大会(FINAL LEAGUE2024)第7、8日は3、4日、御所市池ノ内の御所市民運動場など4会場で熱戦を繰り広げた。

 

 両日、4ブロックで計32ゲームを行った。各ブロックは全36ゲーム。

 

 Aブロックは27ゲームを消化し、八木ヤンキースeastが5勝0敗、香芝ブラックサンダーズが6勝1敗でトップを争う。

 

 Bブロックは21ゲームを消化し、生駒東少ライオンズが7勝0敗でトップを維持。いいね!真美ケ丘が4勝1敗で上位をうかがう。五條BBCが1勝0敗と未消化試合が多く、今後の展開に注目。

 

 Cブロックは32ゲームを消化し、奈良JCTが6勝1敗、新時代橿原が5勝1敗でトップを争う。高田BBCが5勝2敗で上位をうかがう。

 

 Dブロックは26ゲームを消化し、河合・王寺スポーツ少年団ブラックが3勝0敗、郡山オールスターズが4勝2敗1分、畝傍子供会が4勝0敗3分と混戦模様。

 

▽Aブロック

前堂バモス 8―8 DQN

高市・橿原ダブルピース 7―0 前堂バモス

高市・橿原ダブルピース 10―0 DQN

王寺・河合スポーツ少年団レッド 4―1 古都会AKM

香芝ブラックサンダーズ 5―1 古都会AKM

香芝ブラックサンダーズ 4―0 DQN

香芝ブラックサンダーズ 7―0 奈良信貴REDS

古都会AKM 4―1 生駒ドラゴンズ

高市・橿原ダブルピース 10―1 奈良信貴REDS

八木ヤンキースeast 4―2 古都会AKM

 

 

▽Bブロック

生駒東少ライオンズ 4―0 大和ディアーズ

広陵少年野球部 7―2 古都会SP

広陵少年野球部 4―4 大和ディアーズ

生駒東少ライオンズ 4―3 いいね!真美ケ丘

いいね!真美ケ丘 8―5 広陵少年野球部

いいね!真美ケ丘 7―6 天理ヘラクレス

 

▽Cブロック

御所イーグルス 7―0 宇陀スラッガーズ

奈良JCT 1―0 御所イーグルス

奈良JCT 11―0 宇陀スラッガーズ

高田BBC 10―4 FlY HiGh

吉野オールスターズ 4―0 八木ヤンキースwest

御所イーグルス 7―6 吉野オールスターズ

八木ヤンキースwest 8―5 奈良JCT

高田BBC 4―3 新時代橿原

 

▽Dブロック

郡山オールスターズ 3―1 SAG

葛城BBC(B) 6―2 郡山オールスターズ

高鳥ダダンダンズ 4―3 SAG

葛城BBC(A) 7―3 高鳥ダダンダンズ

畝傍子供会 3―0 葛城BBC(B)

STIH 6―2 BINS

BINS 6―4 葛城BBC(A)

STIH 0―0 郡山オールスターズ

 

 

【Dブロック・郡山オールスターズ―SAG】郡山は4回、1死二塁から内野ゴロエラーの間に本塁を狙う二塁走者の吉川慎=同

 

 

2024年2月10日付・奈良新聞に掲載

 

 

 

 

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド