社会

大型弾薬庫計画の危険性知って 住民ネットワーク発足へ

関連ワード:

大型弾薬庫計画の危険性を訴え、現状の理解と、今後の方針を確認した住民ネットワークの設立準備会=14日、京都府精華町南稲八妻の町地域福祉センター「かしのき苑」

「紛争時は相手の標的に」

 

 京都府精華町と京田辺市にまたがる丘陵地に、広大な弾薬庫がおかれている陸上自衛隊祝園(ほうその)分屯地。岸田政権が目指す反撃能力(敵基地攻撃能力)の保有に伴い、ここに長射程ミサイルを保管する大型弾薬庫が造られようとしている。「大型弾薬庫は紛争時に相手の標的にされ、住民の安全を脅かす」と、計画を危惧する住民のネットワークの準備会が14日、京都府精華町南稲八妻の町地域福祉センター「かしのき苑」会議室で開かれた。京都府南部の各市町や大阪府枚方市、奈良市の平和団体の代表者ら31人が参加し、現状の理解を深め、今後の方針などの意見を交わした。名称は「京都・祝園ミサイル弾薬庫問題を考える住民ネットワーク」とし、2月に発足予定。

この記事の残り文字数:599文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド