政治

奈良と京都にまたがる幹線道路 狭くて路面が傷んだままの奈良市道300メートル区間を南山城村道に変更へ 悲願の拡幅整備にようやくめど

関連ワード:

整備された村道の先は、未整備のままの市道となっている=奈良市邑地町周辺(山本憲宥市議提供)

2025年度にも着手

 

 京都、奈良の両府県にまたがる南山城村村道の「法ケ平尾(ほがしろ)立石線」(全長約2キロ)のうち、奈良市邑地町内で「市道」認定されている約300メートル区間が未整備だった問題が、今後、同区間を村道に変更し、村側が拡幅工事など実施、整備完了する見通しとなった。道路法8条にのっとり、奈良市議会は昨年の12月定例会で村道認定を承諾。今春、両市町の路線認定の手続きが終われば、村側は2025年度にも作業に入ると市側に説明しているという。長年の懸案課題解決に、地元も胸をなでおろしている。

この記事の残り文字数:1,052文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド