政治

下北山村の国道崩土で現地ボーリング調査へ 3月下旬ごろ応急対策工に着手予定 - 有識者の「防災対策検討委員会」

関連ワード:

片側交互通行による交通開放を目指す

 

 昨年12月に奈良県下北山村上池原の国道で起きた崩土事故の復旧工法や再発防止策を検討する有識者の「防災対策検討委員会」(委員長・大西有三京都大学名誉教授、7人)の第2回会合が9日、オンラインで開かれた。2月末まで実施するボーリング調査を踏まえて応急対策工事を実施し、まずは片側交互通行による交通開放を目指す。

この記事の残り文字数:285文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド