歴史文化

仏様スッキリ 奈良の薬師寺「お身ぬぐい」 - 薬師如来坐像と日光・月光両菩薩立像を清め

関連ワード:

僧侶らにより、ぬぐい清められる国宝の薬師三尊像=29日、奈良市西ノ京町の薬師寺

別の写真を見る

 奈良市西ノ京町の薬師寺で29日、新年に向けて仏像のほこりや汚れを落とす「お身ぬぐい」が営まれた。 加藤朝胤管主ら僧侶9人と「青年衆」と呼ばれる奉仕の学生約30人が参加。金堂での法要後、般若心経の読経が響く中、本尊の薬師如来坐像と日光・月光両菩薩立像(いずれも国宝、奈良時代)をぬぐい清めた。 湯と白い浄布を使用し、僧侶4人がはしごに登って仏像を丁寧に磨いた。参拝者約250人も作業を見守り、仏像に手を合わせていた。このあと、お身ぬぐいは大講堂と東院堂(国宝)でも行われた。

 

 加藤管主は「今年1年に感謝して、来年も心豊かな年になるようにお祈りいただけたら」と話した。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド