社会

下北山土砂崩れ、別の車から人骨か 全捜索活動を終了

関連ワード:

救出作業の終了後、重機による路面の土砂除去作業が続いた。移動させた車体がブルーシートで覆われている=28日午後3時ごろ、下北山村上池原の国道169号

別の写真を見る

 奈良県下北山村上池原の国道169号で土砂崩れに車が巻き込まれ、男性1人が救助された事故で、吉野署や県広域消防組合は28日、見つかった別の車の中から焼けた人骨のようなものを発見したと発表した。行方が分からなくなっている和歌山県の70代男性の可能性があるとみて身元の確認を行っている。他に埋まっている車両や人がなかったため、全ての捜索活動を終了した。

この記事の残り文字数:639文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド