特集2024年春の高校野球奈良大会速報

政治

時効の固定資産税延滞金巡り香芝市の福岡市長「前市長にも責任」 賠償請求の考え - 香芝市会

関連ワード:

 奈良県香芝市議会の12月定例会で7日、今年3月と5月に時効(5年)が成立した固定資産税の延滞金計約109万円について、市が財産の差し押さえを行わず市に損害が生じた賠償責務が市長にあるとした監査結果を受け、福岡憲宏市長は改めて自身の責任を果たす意思を示すとともに、「(延滞金の徴収初期に在任した)前市長にも請求できる範囲内で請求していきたい」と答弁した。

この記事の残り文字数:389文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド