歴史文化

【動画あり】ホルンの音に誘われて全員集合 奈良の「鹿寄せ」始まる

関連ワード:

ナチュラルホルンを吹き鳴らす職員の周囲に集まる鹿=1日、奈良市春日野町の飛火野

 奈良の冬の風物詩「鹿寄せ」が1日、奈良市春日野町の春日大社境内「飛火野」で始まった。奈良マラソン開催に伴い10日を除いた14日まで、毎日午前10時から実施される。

 

 奈良の鹿愛護会の職員がナチュラルホルンを吹き鳴らすと、音色に誘われて鹿が続々と集まり、与えられたドングリや鹿せんべいをおいしそうに食べた。

 

 旅行で奈良を訪れた北海道の女性(59)は「鹿が一生懸命走ってくる様子がかわいい」、千葉県の女性(60)は「野生動物を近くで見られるのは奈良ならではの体験」とうれしそうに話した。

 

 12月の鹿寄せは奈良の宿泊客に朝を楽しんでもらおうと、県旅館・ホテル生活衛生同業組合奈良支部が2008年から実施している。今年はコロナ禍で中止していた奈良の宿泊客限定の春日大社特別参拝が3年ぶりに行われる。11日は鹿寄せのみ行われる。

 

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド