特集奈良の鹿ニュース

スポーツ

こなべジュニアが優勝 準優勝は疋田エンゼルスジュニア - 奈良ちびっ子野球愛好会第17回スーパーちびっ子杯野球大会

関連ワード:

選手宣誓するこなべジュニアの山名葵選手=奈良市佐保川小グラウンド

別の写真を見る

 小学4年生以下による第17回スーパーちびっ子杯野球大会(奈良ちびっ子野球愛好会主催)が11月12日、奈良市立佐保川小学校グラウンドで行われ、こなべジュニアが2勝0敗で優勝した。準優勝は疋田エンゼルスジュニア。

 

 開会式で、こなべジュニアの山名葵選手は「この場を設けていただいた皆様に感謝し、一球一球を大事にプレーすることを誓います」と力強く宣誓した。

 

 第1試合はこなべジュニアが初回に1点先制したが、その裏疋田エンゼルスジュニアが1点を返し同点。三回にもこなべが1点勝ち越したが、疋田がその裏にまた追いついた。実力伯仲で決着がつかず、時間切れの最終回を終えた。このためタイブレークとなったが、それも0―0の無得点。規定によりこなべが抽選勝ちした。

 

 第2試合はこなべジュニアが8―2であやめ池ダンディーズジュニアを振り切った。

 

 こなべは初回、沢田の3点ホームランで先制し、二回には間路のソロホームラン、沢田の適時打などで5点を追加、あやめ池を突き放した。

 

 あやめ池は二、三回にタイムリーで1点ずつ返して食い下がった。

 

 第3試合は疋田エンゼルスジュニアが7―2であやめ池ダンディーズジュニアを退けた。

 

 疋田は初回、先頭の香川が四球で出塁し、盗塁を重ねた後、暴投の間に先制の本塁を踏んだ。さらに1死三塁から内野ゴロの間に1点を追加。二回には四死球と盗塁、暴投などで5点を追加した。

 

 あやめ池は初回、連続3四球で走者をため、村崎のタイムリーで2点を返して2―2の同点としたが、二回の失点が痛かった。

 

▽リーグ(変則)第1試合

こなべジュニア 2―2 疋田エンゼルスジュニア

(こなべジュニアの抽選勝ち)

 

【こ】間路、澤田―田上【疋】渡辺陽、渡辺創―香川

 

▽同第2試合

あやめ池ダンディーズジュニア 2―8 こなべジュニア

(時間切れ)

 

【あ】伊藤、山本―奥本【こ】澤田、間路―田上

▽本塁打=澤田、間路(こ)▽二塁打=田上(こ)

 

▽同第3試合

疋田エンゼルスジュニア 7―2 あやめ池ダンディーズジュニア

(時間切れ)

 

【疋】江頭―濱田【あ】奥本―伊藤

 

準優勝の疋田エンゼルスジュニア=同

 

 

2023年11月18日付・奈良新聞に掲載

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド