特集奈良の鹿ニュース

政治

市役所本庁舎整備 解体後の構想見えず - 県副都の将来 橿原市長選・市政の課題(上)

関連ワード:

本年度末に解体工事を予定する本庁舎=10日、橿原市八木町1

10月15日に告示、22日投開票

 

 任期満了に伴う奈良県橿原市長選挙が15日告示、22日投開票で行われる。これまでのところ、再選を目指す現職の無所属、亀田忠彦氏(51)=自民推薦=と元職の日本維新の会、森下豊氏(65)の2人による一騎打ちとなる公算が大きい。市の将来を占う選挙選。市が抱える課題を探った。

この記事の残り文字数:878文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド