スポーツ

広陵レッドヤングスV 馬見ブラザーズ猛追届かず - 第10回マツダスポーツ杯広陵町親善大会

関連ワード:

優勝した広陵レッドヤングス(前列)と準優勝の馬見ブラザーズ(後列)=広陵健民グラウンド(主催者提供)

 学童野球の第10回マツダスポーツ杯広陵町親善大会が9月3、17日に奈良県広陵健民グラウンドであり、広陵レッドヤングスが馬見ブラザーズの追い上げを振り切り、昨年に続いて栄冠を手にした。

 

 大会には4チームが参加。6回90分ゲームの総当たり戦を、2日間に分けて行った。初日の4試合を終えた時点で、広陵レッドヤングスと馬見ブラザーズが2勝で並び、2日目の第1試合で頂点をかけ直接対決。広陵は初回、光山の3ランで先制。三回に追い付かれるも森田の本塁打などで突き放し、その後も松田が3ランを放つなど猛追を振り切った。

 

 馬見は三回、吉松と平井の連続本塁打で同点とし、五回には平井、水原が本塁打を放つなど最後まで食らいついたが、あと一歩及ばなかった。

 

 

▽9月3日第1試合

広陵東パワフルズ 2―6 広陵レッドヤングス

(五回時間切れ)

 

▽同第2試合

真美ケ丘ファイターズ 2—9 馬見ブラザーズ

(四回時間切れ)

 

▽同第3試合

馬見ブラザーズ 11―10 広陵東パワフルズ

(四回時間切れ)

 

▽同第4試合

広陵レッドヤングス 10―4 真美ケ丘ファイターズ

(四回時間切れ)

 

▽9月17日第1試合

馬見ブラザーズ 6―8 広陵レッドヤングス

(五回時間切れ)

 

▽同第2試合

広陵東パワフルズ 5—3 真美ケ丘ファイターズ

(五回時間切れ)

 

▽最終順位

(1)広陵レッドヤングス3勝

(2)馬見ブラザーズ2勝1敗

(3)広陵東パワフルズ1勝2敗

(4)真美ケ丘ファイターズ3敗

 

2023年10月7日付・奈良新聞に掲載

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド