スポーツ

eスポーツで運動を 「太鼓の達人」など挑戦 - 明日香村老人クラブ連合会・eスポーツ体験会

関連ワード:

講師の説明を聞きながら太鼓の達人に挑戦する参加者ら=明日香村立部の明日香村健康福祉センター

別の写真を見る

 明日香村老人クラブ連合会(石田誠克会長)のeスポーツ体験会が8月24日、明日香村立部の明日香村健康福祉センターであり、同村老人クラブの全40地区から約20人が参加した。

 

 奈良県老人クラブ連合会(中村秀雄会長)が今年から行っている取り組みの一つ「eスポーツ出張体験会」。講師から操作方法などを教わりながら、参加者は太鼓の達人やボウリングゲームを楽しんだ。

 

 講師を務めたのは、9月2日に開校するIT交流施設「下市集学校」の植村公昭さん(49)ら。「下市集学校」は旧下市中学校を再利用した、パソコンやスマホなどIT機器全般の使い方相談などを行う地域DX推進を目的とした施設で、開校日にはeスポーツ体験をはじめさまざまなイベントが行われる。見本を見せながらコントローラーの操作の仕方などを伝えた植村さんは「最初に操作方法を伝えると、すぐに慣れて楽しんでもらえた。難しく考えず、頭と体を動かして楽しんでもらえれば」と話す。参加者からは「楽しい。頭を使うので、認知症予防にも良い」という声が聞かれた。

 

 石田会長(75)は体験後「面白かった。明日香村でもゲーム機を購入したい」と笑顔で話し、「普段は村内の各小中学校や幼稚園の草刈り活動を会で行うなど、誰かに会って話す機会をと、老人たちが外に出ることを勧めている。eスポーツもこうして集まれる場として、3カ月に一度くらいは大会など競技的なことも含めてやっていきたい」と今後の展望を語った。

 

2023年9月2日付・奈良新聞に掲載

 

 

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド