社会

古都の夏彩る「なら燈花会」開幕 8月14日まで

関連ワード:

オープニングセレモニーで行われた火入れ式=5日、奈良市のJR奈良駅前

 奈良の夏の風物詩「なら燈花会」(NPO法人なら燈花会の会主催)が5日、奈良市の奈良公園一帯で始まった。開幕に先立ち、奈良市のJR奈良駅前で関係者が「火入れ式」を行い、開催を祝った。14日までの10日間、奈良公園を約2万個のろうそくの灯りで彩る。

 

 奈良公園浮雲園地▷同浅茅ケ原▷浮見堂▷興福寺▷猿沢池と五十二段▷奈良国立博物館前▷春日野園地▷東大寺鏡池(13、14日のみ)▷春日大社参道(14日のみ)―の計9会場にカップろうそくを並べ、火をともす。奈良国立博物館と春日野園地は4年ぶりの復活となる。

 

 25周年を記念し、オープニングセレモニーを初めてJR奈良駅前で開催。なら燈花会の会の尾形裕明会長は「来場者の方に幸せが訪れるよう願って火をともし、奈良の夏を元気にしたい」とあいさつ。春日大社、東大寺、興福寺の3社寺から分けてもらった火をカップろうそくに移す「火入れ式」で開幕した。

 

 点灯時間は午後7時から同9時半(雨天、強風で中止の場合あり)。7日は浅茅ケ原会場で「ほの灯りライブ」がある。また期間中、参加者がカップろうそくに火をともす「一客一燈」(一人500円)を受け付けている。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド