募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

社会

干しブドウの酵母がきっかけか 天然醸造ワインの起源に迫る 奈良先端大と京都大が研究

関連ワード:

 奈良先端科学技術大学院大学(生駒市)と京都大学(京都市)は、干しブドウに付着した酵母がワイン誕生のきっかけになった可能性が高いとの研究成果を発表した。天然ワイン醸造の仕組みを明らかにしたことで、両大学は「ワインの起源に迫ることで、伝統的なワインを復活させられるのではないか」としている。研究成果は6月20日付の国際科学誌「サイエンティフィックリポーツ」で掲載された。

この記事の残り文字数:481文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド