特集奈良の鹿ニュース

ならリビング

音羽山観音寺 後藤住職の花だより - サルメンエビネを救え編 2023年春

関連ワード:

天気の良い日は外にいるオサム

 住職は庭にエビネを植えています。ジエビネ、キエビネ、サルメンエビネの3種類があります。サルメンエビネは数が少ないこともあり、特に大切にしていますが、少なくなった原因はオサムにありました。

 

地エビネの芽は生き生きとしている。つぼみも見える

 

 

オサムに罪はないけれど 花の移植をするか検討中

 

 「ここにね。サルメンエビネを地植えにしてたのよ。オサムの散歩はリードを付けてフェンスの外に出る時もあるけど、朝と夕方に境内に放す時があるの」

 

 そのためオサムのトイレになってしまったそうです。

 

釣鐘堂の横、茶の木に囲まれたところにサルメンエビネを地植えしていた

 

 

 「植えているところに入らないように、周りを囲ったのだけど既に遅かったみたい。全滅しちゃったの」

 

 今、サルメンエビネがあるのはプラスチックのプランターだけ。クリンソウに押され、葉の陰で小さな芽を出しています。

 

この鉢はサルメンエビネを残すかクリンソウを残すか思案中

 

 「サルメンエビネを別の鉢に移すか、クリンソウを移植するか検討中なの」

 

 住職はオサムのトイレで思い出したことがあったようです。

 

 「昔、カニカマをあげてたことがあったのよ。オサムはカニカマが好きでね。塩分のことを考えずに与えていたの。そしたらある日、挙動不審になっちゃってお医者さんに連れて行ったのよ。検査したら尿道結石だったのよ。犬の尿道は細くてね。どうりで散歩してもトイレが少なかったわけね。注射して療養食で治したわ」

 

 それからは食事に気を付けるようになったそうです。

 

 

 

音羽山観音寺

山の中にある尼寺。桜井市南音羽

JR・近鉄桜井駅下車、桜井市コミュニティバス談山神社行、下居下車、約2km。火曜日閉門。

17日の御縁日が火曜日の時は開門、翌日閉門

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド