歴史文化

法隆寺金堂壁画 一般公開へ“一歩” - 保存活用委が提言案

関連ワード:

 「法隆寺金堂壁画の保存と活用に関する提言(案)」について議論する委員ら=18日、斑鳩町の法隆寺

空調、クリーニングの重要性指摘

 

 1949年の火災で焼損した法隆寺金堂壁画(国重要文化財)の保存活用について検討する法隆寺金堂壁画保存活用委員会(委員長・有賀祥隆東京芸術大学客員教授)の第9回年次会議が18日、奈良県斑鳩町の同寺で開かれた。2023年度以降の活動計画などについて議論し、壁画の将来的な一般公開などに向け、「法隆寺金堂壁画の保存と活用に関する提言(案)」を取りまとめた。

この記事の残り文字数:476文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド