歴史文化

3月19日、奈良大で富雄丸山古墳テーマにシンポ

関連ワード:

 発掘調査で類例のない盾形銅鏡と長大な蛇行剣(だこうけん)が見つかった、富雄丸山古墳(奈良市)に関する緊急シンポジウム「国宝級の大発見!―富雄丸山古墳を地域振興に活(い)かす―」が19日、同市山陵町の奈良大学で開かれる。同大は参加者を募集している。要事前申し込み。定員100人(先着順)。

 

 豊島直博・同大教授(考古学)が「驚きと感動! 富雄丸山古墳の発掘」で基調講演。その後、今後の地域振興について関係者が講演する。

 

 午後1時半開演。聴講無料。申し込み方法は奈良大学ホームページのニュース・トピックス欄を参照する。

 

 問い合わせは、奈良大学総合研究所、電話0742(41)9508。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド