特集奈良ラーメン探検隊活動中!

歴史文化

大和古寺お参り日記【19】 - 壷阪寺(上)

関連ワード:

 奈良盆地を一望できる壷阪寺の階段を登ると、空が近く感じるほど景色が開けた。創建は703年、当時飛鳥にあった元興寺の弁基上人が修行中に観音様を感得し、つぼに納めて坂の上の庵(いおり)に祭ったことが起源とされる。「目の仏様」として全国から多くの参拝者が訪れる。

階段を上ると眼下に奈良盆地が広がる

 

 

 本尊の十一面千手観音菩薩像は寄せ木造り。常盤勝範住職によると、創建時の観音様は度重なる火災で焼失。室町時代に再興されたが、頭の部分は創建時のものと伝わっているという。どっしりと重厚な姿には木の風合いが残り、温かみを感じさせる。差し出されたいくつもの手は、力強い救済の心を示してくださっていた。 

頭の部分は創建時のものだと伝わる十一面千手観音菩薩像

この記事の残り文字数:585文字
(写真枚数:3枚)

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド