特集奈良ラーメン探検隊活動中!

社会

県内2団体が文部科学大臣賞表彰 障害者の生涯学習に貢献

関連ワード:

「県音訳グループ草笛会」の後藤会長(左)と松田副会長=橿原市大久保町の県視覚障害者福祉センター

別の写真を見る

 文部科学大臣は2022年12月、障害者の生涯学習に貢献する個人と団体を表彰した。東京の同省でオンラインを併用して表彰式が開かれ、視覚障害者の学びを支援する県音訳(おんやく)グループ「草笛会」(橿原市大久保町、後藤泰子会長)と、知的障害者のソフトボールチーム「ぐれいとぶっだ」(浜田真人代表・監督)が功労賞を受けた。

この記事の残り文字数:1,358文字
(写真枚数:2枚)

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド