特集奈良の鹿ニュース

歴史文化

大和古寺お参り日記【18】 - 長岳寺(下)

関連ワード:

「大地獄絵図」に描かれた閻魔大王

 花と文化財の寺として知られる長岳寺は、早春のモクレン、4月のサクラ、ツツジ、5月のカキツバタなど季節ごとに心を癒す花々が迎えてくれる。秋のモミジは全国紅葉100選にも選ばれ毎年多くの参拝客でにぎわう。「本堂から放生池を望むと、一番美しいモミジが見える」と北川慈照住職がお薦めスポットを教えてくれた。

 

 

本堂から見たモミジ。秋が深まるとさらに赤く染まる。

 

 毎年モミジの季節には、県指定文化財の「大地獄絵図」が開帳される。約500年前に狩野山楽が描いたものとされ、それ以外の時期は模写が本堂に掛けられている。

 

 九つの掛け軸で構成された絵図は冥界(めいかい)の入り口、墓場の場面から始まり、極楽往生する人を阿弥陀如来が迎える場面で終わる。

 

 あの世に行っても生前犯した罪や煩悩を浄化しないと成仏できず、仏法の教えを学びながら、閻魔(えんま)大王らから裁判を7回受ける期間が四十九日なのだという。最後に、地獄、飢餓、畜生、修羅、人間界、天人界の六道のどの世界に行くかが決まり、成仏するのだそう。

この記事の残り文字数:491文字
(写真枚数:3枚)

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド