歴史文化

仏様もさっぱり、奈良の唐招提寺で「お身拭い」

関連ワード:

脚立に登り、盧舎那仏坐像などのお身拭いを行う僧侶=15日、奈良市五条町の唐招提寺

 奈良市五条町の唐招提寺(岡本元興長老)で15日、1年間に仏像の上に積もったほこりを払い、心新たに新年を迎える行事「お身拭い」が営まれた。

 

 午前9時ごろ、岡本長老ら僧侶7人が金堂(国宝)に入堂し、本尊の盧舎那(るしゃな)仏坐像(国宝、奈良時代)の前で読経。僧侶2人が脚立に登り、竹ざおと和紙で作った特製のはたき(長さ約3メートル)を使い作業した。その後、千手観音菩薩立像(同)や薬師如来立像(同)のほこりを払う所作を行った。年末にかけて境内の清掃をして、迎春準備を整える。

 

 岡本長老は今年1年を振り返り、「コロナ禍が続き大きな戦争も起きた年でした。一日でもはやく平和が戻るように願っています」。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド