特集奈良の鹿ニュース

ならリビング

音羽山観音寺 後藤住職の花だより - 開花を待ちわびて編 2022年晩秋

関連ワード:

玄関先の住職

 10月に咲きかけのキジョウロウホトトギスを見ました。そろそろ満開かと思い、11月にお寺を訪れると花が終わっていました。このように見ごろの時期が短い花もあれば、長い花もあります。住職はひとつひとつの花たちに話しかけ、それぞれの開花を待っています。

 

 

日陰で咲く ホトトギス

 

 ホトトギスは半日陰で育つ花です。お寺の花びんにもホトトギスが生けてありました。

 

 キジョウロウホトトギスは形がふっくらとしていて、下を向いて咲く花です。木の下の陰になる場所にその花がありました。

 

 「キジョウロウホトトギスは終わっちゃったわ」

 

 花が終わったうえに、葉も枯れかけです。

 

 「葉は日焼け。木の下だけど、東向きの日が当たるのよ。日焼けしても生きてるから、春先に新芽が出てくるわ」

 

 キジョウロウホトトギスの花は来年までお預けになりました。

 

10月の咲きかけキジョウロウホトトギス

 

11月「もう終わったよ」と住職

 

 

3年かかって開花 3カ月ツボミの花

 

 9月に訪れた時に、「ようやくツボミを付けたのよ」と嬉しそうな住職。その花はヒメラッキョウというそうです。

 

 10月に訪れた時に、「まだツボミなのよ。日当たりを考えて、あちらこちらに移動させて、3年目でようやく付いたツボミなの。夏は日陰で育てたわ。そしたらカエルの寝床になってたの」

 

 その後、住職から、「咲いたら教えるから見においで」とも言われていました。

 

 10月の末で「少し咲いたかも。ツボミの時間が長い子は、花の期間も長いかもね」

 

 11月に訪れた時に、ようやく花を見ることができました。一番日当たりの良い玄関先に移動していました。住職はニコニコ顔。音羽山観音寺が標高600mにあるため開花が遅いのかもしれませんが、とても嬉しかったに違いありません。

 

9月のツボミのようす


10月のツボミのようす


11月やっと開花のヒメラッキョウ

 

 

 

音羽山観音寺

山の中にある尼寺。桜井市南音羽

JR・近鉄桜井駅下車、桜井市コミュニティバス談山神社行、下居下車、約2km。火曜日閉門。

17日の御縁日が火曜日の時は開門、翌日閉門

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド