政治

eスポーツでフレイル予防 シニアの健康増進へ 奈良県川西町が効果検証事業

関連ワード:

 奈良県川西町は、「eスポーツ」(コンピューターゲームを使った競技の総称)を活用して、シニア世代の身体的な衰えや運動機能の低下によりおこる症候群(フレイル)予防の効果を検証する事業を開始した。eスポーツの活用は近年、認知症予防の効果が期待でき、性別・世代を超えて楽しめるといった特徴から、シニア世代の健康増進につながる新しい手法として注目を集めている。

この記事の残り文字数:430文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド