特集奈良の鹿ニュース

歴史文化

大和古寺お参り日記【13】 - 元興寺(上)

関連ワード:

創建時の瓦が残る本堂。境内は1300年前の面影を伝えている

 新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、秋の行楽シーズンを迎えたならまちは、観光客でにぎわっていた。そんな中、元興寺の山門を抜けると、別世界のような感覚に包まれた。正面の極楽坊(本堂・国宝)や浮図田(ふとでん)と呼ばれる石仏群。刻み込まれた歴史の重みを体全体に感じた気がした。

 

 元興寺の歴史は6世紀末の飛鳥に開かれた飛鳥寺にさかのぼる。本格的な伽藍(がらん)を備えた国内初の寺院だった。遷都に伴って平城京に移り、仏教の元を興した寺として「元興寺」と称するようになったという。

 

 

 

この記事の残り文字数:1,043文字
(写真枚数:5枚)

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド