社会

添上高でSNSや薬物の危険性訴え講演会

関連ワード:

SNSとの付き合い方や薬物の危険性を伝える警察官の話に耳を傾ける高校生ら=22日、天理市櫟本町の県立添上高校

 天理市櫟本町の県立添上高校(大野勝稔校長、480人)は22日、全校生徒と希望する保護者らを対象に「防犯講演会」を開いた。ネットリテラシー(インターネットを使いこなす知識や能力)とSNSの危険性、薬物の乱用防止について、県警本部と天理署の担当者が同校で出張講義。「犯罪は身近にあり他人事ではない」と強調し、トラブルに巻き込まれないための注意を呼びかけた。

 

 県警本部生活安全部サイバー犯罪対策課の伊東知久警部(42)は「ネットリテラシーとSNSの危険性」について登壇。インターネット上には嘘の情報や偽サイトがあることや、一度発信した情報は取り消せないことを説明した。「情報をうのみにしない」「面と向かって言えないことはネットでも言わない」などの留意点を挙げ、スマートフォン利用に際し今一度注意喚起した。

この記事の残り文字数:334文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド