歴史文化

日本書紀の太子像など解説 明日香で講演やパネル討論会

関連ワード:

講演後「聖徳太子、未来へつなぐ『和のこころ』」と題して行われたパネルディスカッション=19日、明日香村飛鳥の県立万葉文化館

 聖徳太子没後1400年関連事業のフィナーレイベント「古代国家のはじまり~聖徳太子から壬申の乱へ~」(県主催)が19日、明日香村飛鳥の県立万葉文化館で開かれ、県民ら約100人が参加した。

 

 立命館大学の本郷真紹教授が「国家の礎を築いた聖徳太子、壬申の乱を経て律令国家へ」と題して講演。日本書紀に記されている聖徳太子(厩戸皇子)像についての解説や自身の見解などについて語った。

この記事の残り文字数:450文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド