教育

西吉野農業高校でドローン操作体験 農業分野での活用を考える

関連ワード:

ドローンを操縦する生徒=25日、五條市西吉野町江出の市立西吉野農業高校運動場

 農業を志す若者が全国から集まる五條市西吉野町の市立西吉野農業高校(石沢竜義校長)で25日、1年生15人がドローン(小型の無人航空機)の操作を体験し、農業分野での新技術活用の可能性などについて考えた。

 

 ドローンの取り扱いに関わる研修を受けた同市職員(市ドローン飛行隊)と橿原市の専門事業者計5人が指導。座学の後、運動場で操縦体験を行った。

この記事の残り文字数:333文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド