政治

遺構保存「可能性を検討」 柳本飛行場跡公開質問状に天理市長が返答

関連ワード:

 天理市の並河健市長は20日、同市役所で記者会見を開き、市民団体「天理・柳本飛行場跡の説明板撤去について考える会」が提出した公開質問状に対する市の見解について説明した。同団体が求める柳本飛行場の遺構保存については「先の大戦を語り継ぐ歴史遺産として、保存の可能性について検討していく」とした。

 

 平成7年に市などが設置した大和海軍航空隊大和基地跡(=柳本飛行場、同市遠田町)の説明板は、昭和19年に始まった同飛行場建設で朝鮮人労働者の強制連行があったなどとする記述があり、市は「さまざまな歴史認識がある中、市や市教委の公式見解と解される掲示を行うことは適当ではない」として平成26年4月に説明板を撤去。同団体は再設置を求めてきた。

この記事の残り文字数:259文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド