政治

奈良市新斎苑のDBО方式検証求める 市会代表質問

関連ワード:

 来年4月に開業する奈良市の新斎苑「旅立ちの杜(もり)」(火葬場)の建設や運営で採用された「DBО方式」について、3日開かれた市議会の12月定例会の代表質問で、山本直子氏(共産党)が市に再検証を求めた。設計(D)・施工(B)から施設の運営管理(О)まで民間業者に一括発注する方式で、仲川元庸市長は「一体契約することで、事業者選定にかかる時間と費用を縮減できた」とし、手法の有効性を強調した。

 

 山本氏は新斎苑のDBО方式について「実際には工期が1年延び、費用も当初契約から6億8000万円の増額が見込まれる」と指摘。「総額が定かでない地域活性化事業(施設受け入れに伴い地元で実施される還元事業)を合わせると(総事業費が)100億円ほどに膨れ上がりかねない」と危機感を示した。

この記事の残り文字数:577文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド