社会

平和の大切さを考える香芝戦争展

関連ワード:

来場者に「香芝・満蒙開拓者青少年義勇軍ものがたり」と題した紙芝居を披露する西嶋さんら=4日、香芝市藤山1の市ふたかみ文化センター

 第20回平和のための香芝戦争展(NPO法人平和のための香芝戦争展主催、奈良新聞社など後援)が4日、香芝市藤山1丁目の市ふたかみ文化センターで始まった。同市内を中心に戦争体験者や遺族から寄贈された戦争遺品などを展示し、平和の大切さを考える。きょう5日まで。

 

 今回は今年10月に亡くなった戦争体験者の竹田忠男さん=同市尼寺、大正13年生まれ=の県立商業学校時代の卒業アルバムと海軍幹部候補生時代の写真などを新たに加えた約55点を展示。太平洋戦争末期に同市の屯鶴峯(どんづるぼう)に掘られた地下壕の関連資料なども並んだ。

この記事の残り文字数:177文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド