社会

「ハンセン病」へ理解を、回復者ら現状訴え講演会

関連ワード:

「ハンセン病問題で犯した過ちをコロナ感染者に繰り返さないように」と呼び掛ける加藤さん=27日、三宅町伴堂の町文化ホール

 ハンセン病に対する正しい理解を広める第1回架け橋交流・講演会(架け橋長島・奈良を結ぶ会、NPO法人なら人権情報センター主催)が27日、三宅町伴堂の町文化ホールと交流まちづくりセンター「MiiMo(ミーモ)」で開かれ、記念講演には市民ら約120人が参加した。

 

 2年前まで結ぶ会が続けてきた、同病療養所の入所者による美術展を継承したイベント。同病回復者らとの交流を通して問題の啓発を掲げる。

この記事の残り文字数:429文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド