社会

「森は元に戻らない」平群メガソーラー反対の住民団体が活動報告会

関連ワード:

大規模再生エネルギー発電計画の問題点について講演する金井塚さん=28日、平群町吉新の町総合文化センター

 平群町櫟原の山林で民間事業者が計画する大規模太陽光発電施設の建設に反対する住民団体「平群のメガソーラーを考える会」は28日、同町吉新の町総合文化センターで講演と活動報告会を開き、町内外から約180人が参加した。

 

 講演で、環境NGO広島フィールドミュージアム代表の生物学者、金井塚務さんは、大規模再生エネルギー発電計画の問題点について提起。江戸時代に5代将軍徳川綱吉の側用人で川越城主だった柳沢吉保が武蔵野の原野に木を植え、江戸の生活を支えたことを紹介し「森には生産力があり、一度壊すと元に戻らない」と森林保護の重要性を強調。

この記事の残り文字数:219文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド