政治

奈良市新斎苑住民訴訟 議会責任巡り原告団など協議模索

関連ワード:

 奈良市が新斎苑(火葬場)の用地買収をめぐる住民訴訟判決の「余波」に揺れている。9日に仲川元庸市長への請求権放棄を求める議案が議会で賛成6、反対32の大差で否決。これを受け、12日には市自治連合会の有志が、市長と元地権者らが「連帯債務者」として負う約1億1640万円の損害賠償金について、用地買収を可決した当時の市議らにも相応の負担を求める請願書を12月議会に提出すると発表した。ただ、法的根拠のない市議らによる賠償は、いわゆる「寄付」に当たり、公職選挙法に抵触する可能性を指摘する声も。こうした動きに、訴訟原告団は13日夜、急きょ会合を持ち、市自治連合会側と話し合いたいとして、協議を申し入れることを決めた。

 

 ▷議会にも責任

この記事の残り文字数:1,000文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド