特集奈良の鹿ニュース

第8回「奈良工芸の粋」展―Nara crafts,excellent!

第8回「奈良工芸の粋」展―Nara crafts,excellent!
山本哲さん作品=韶貝螺鈿中次「碧」

 奈良には、奈良漆器や赤膚焼、一刀彫など、寺社を中心とした文化都市特有の工芸が今尚生きています。それぞれの分野で匠たちが活躍し、なかには各界での頂点を極めている方も存在しています。これ以外にも、現代の生活のなかで活用される、さまざまな分野での工芸も盛んで、これを一同に会した展覧会を催すことは、日本の工芸界の縮図を表すことに等しいとみなすことができます。2017年4月、奈良では初めて奈良を代表する工芸作家の作品を一同に集め、展示とギャラリーを併設した本展。新型コロナの期間も対応しながら継続し、今回から通常開催として第八回を迎えることができました。ひとえに工芸作家、協賛各社、協力団体の皆様のご厚意の賜物と感謝いたします。引き続きさらなる発展を目指し、奈良文化の質の高さを内外に示し続けてまいります。

詳細情報

日時

令和6年3月14日(木)~18日(月)
午前9時30分~午後4時(最終日のみ同3時まで)

会場

名勝依水園・寧楽美術館(奈良市水門町74)
※依水園入園料(寧楽美術館の入館含む)一般1200円が必要。

※駐車場はありませんので公共交通機関、または、近くの有料駐車場を利用ください。

特設サイト

https://kogei.nara-np.co.jp/

 

展示内容および会期スケジュール

◆特別展示

場所:名勝 依水園 寧楽美術館
奈良新聞社が選ぶ、幅広く、質の高い「奈良工芸」を展示。 2023年逝去された北村昭斎氏(漆芸・重要無形文化財保持者)の追悼展示も設ける。重要無形文化財保持者である室瀬和美氏(漆芸)と同今泉今右衛門氏(陶芸)が賛助出展されます。


◆特設ギャラリー(販売)
場所:名勝 依水園 本館・氷心亭
本展展示作家の作品を通常非公開の依水園主屋を舞台に 展示し、手の届く価格で販売する。
工芸を暮らしに取りいれ、より身近に感じていただく。

作家による社会貢献活動としてチャリティオークションを行う。

 

◆ギャラリートーク
場所:名勝依水園「三秀」

開催日:3月15日・16日
各分野ごとにギャラリートークを実施。
現役工芸作家の話を直接聞き、作品着想や制作にかかわる世 界観に触れる。
講演のあとは作家を囲んで三秀亭で昼食を。
有料・事前申込み。

 

【日時】

◆3月15日(金)脇田宗孝(陶芸作家)

 

◆3月16日(土)荒木義人(一刀彫作家)


【時間】各日11時~13時
【定員】各部20名(満席になり次第締切)
【参加費】お一人5,000円(税込)

 

◆3月15日(金)脇田宗孝(陶芸作家) お申し込みはこちら >>

 

◆3月16日(土)荒木義人(一刀彫作家) お申し込みはこちら >>

 

名勝依水園・寧楽美術館について

奈良を代表する日本庭園である依水園。
江戸時代前期築庭の周囲とは隔絶された前園と、東大寺南大門から春日奥山を借景としてのぞむ後園という二つの池泉回遊式庭園と、点在する日本建築と茶室、美術館。
奈良で最も美しい場所として定評がある。

 

お問い合わせ

奈良新聞社企画部「奈良工芸の粋」展係
TEL:0742(32)2112(月~金曜午前9時~17時30分)

主催:奈良新聞社
後援:奈良県
特別協賛:大和農園グループ
協賛:南都銀行、奈良県信用金庫協会、損保ジャパン、日本生命、第一生命、明治安田、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、野村證券、大和証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券、LGTウェルスマネジメント信託、宝くじ、神田育種農場、ギャラリー艸小路(順不同)

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド